1. HOME
  2. ガジュマル

ガジュマル

ガジュマルは熱帯地方に分布するクワ科の常緑高木。自生地では樹高20mにもなるそうです。。
世界には800種ほどあるとのことで、日本では九州の南方から沖縄、世界では台湾、中国南部やインドからオーストラリアなどにかけて自生しています。
このガジュマル、葉はベンジャミンの葉に似ていますが、両方とも「クワ科のフィカス属」で親戚なんですね。

沖縄では燃やした灰で灰汁をつくり、沖縄そばの麺の製造に用いられることもあるそうです。

ガジュマルの画像1 ■ガジュマル: 11月14日
我が家に到着した頃の姿です。
やや横を向いています。斜に構えたガジュマル君。

ガジュマルは「妖精が棲む樹」「多幸の樹」とも言われます。妖精の名はキジムナー(キジムン)で真っ赤な髪で子供の姿をした沖縄を代表する精霊です。
キジムナーは水木しげるさんの漫画、ゲゲゲの鬼太郎にも登場している売れっ子です。

ガジュマルを大事に育て、多くの幸を得たいと切に思います!

ガジュマルとは沖縄で言われているそうで、画像の様に幹の形状が「絡まる」から訛ったという説があります。さらには「風を守る」から「かぜまもる」で「ガジュマル」とのなったという説もあります。面白いですね。

ガジュマルの画像2 ■ガジュマル: 04月17日
相変わらず斜に構えたガジュマル君ですが、やや成長しています。

鉢も小さいの一回り大きい鉢に換えたいと思います。その際には向きを変えたいと思います。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

Copyright (C) 2010-2017 ベランダガーデニング・家庭菜園の実践記. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system